入間市 | 細田 智也

タグ: 入間市

これからの時代を生きる力

これからの時代を生きる力

これからの時代の生きる力は、
“己とのコミニュケーション力”
||
自分との対話
communication skills, communication

「そんなのは必要ない

自分となんて対話をしなくたって、
自分のことは自分が一番分かってる」
思っているあなた?
surprise, wonder, astonishment, amazement
自分との対話が不足していると、
上手くいなかったとき
悪いことが起こったとき
自己否定をしてしまいがちになります。
 
自分に降り掛かって来た出来事を
“どう意味付けするか”
にかかっています。
 
しっかりと対話をしていることで、
自己否定に陥ることなく

“今”目の前で起きたことを

上手く消化できるようになります。
 
どんな境遇にも
“未来に繋がる”
意味付けがあるはずです。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8903.JPG

                                                                          私は、

過去は未来で変えられる
そう思っています。
言葉が先かイメージが先か

言葉が先かイメージが先か

 
みなさんは、
どっちが先か考えたことがありますか?
 
イメージや想像が
現実を創り出している
言葉が
現実を創り出している
 
どっちだと思いますか?
 
私は、
言葉が先にあり、
そのイメージや想像が頭の中に浮かび
それが現実となって
生まれてくると信じている
 
すべての先にあるのは

Read More Read More

他人の言葉

他人の言葉

 
私たちは何よりも
自らが自分を強く思うことが
大切だと思っている。
 
しかし、
無意識のうちに他人の意見・言葉に耳を傾け、
その評価を気にしてしまう。
 
自分で自分を褒めることはとても大切です。
自分で褒めることはとても慣れが必要で始めから上手くいく人はいない。
現代の人はなかなか自分を褒めるよりも、
それよりももっと前の段階である、
自分自身を認める
自己肯定感
低い人が多い

Read More Read More

“しょせん言葉”“されど言葉”

“しょせん言葉”“されど言葉”

“しょせん言葉”
 
“されど言葉”
 
 
言葉には良くも悪くも大きな力がある
 
口から出ることで魂が宿り
 
相手を包み込むことができる
 
しかし、
 
使い方を間違えると凶器にもなる
 
言葉の力は偉大である
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7595.JPG
東京レインボープライド2019

東京レインボープライド2019

今年も4月28,29日と2日間
「東京レインボープライド」に参加させて頂きました。
(約20万人の来場者数と聞いています)

地元である埼玉県入間市からも
LGBTの支援団体である「マテリオ」がブース出店をしてくれました。

今回は、フェイスペイント& グッズ販売
同じ入間市在住のアーティスト
すみちぇるさんにご協力して頂きました。
多くの方々にご協力頂きました、ありがとうございました。

Read More Read More

松実高等学園 教職員向け講演会

松実高等学園 教職員向け講演会

埼玉県春日部市にあります、
松実高等学園さんにお邪魔させて頂きました。

『自分の得意なことを中心に学習できる環境を
生徒のみなさんに提供』
念頭におかれておられる学園であります。

今回は、教職員の方々対象の
人権研修会の講師を務めさせて頂きました。

教職員向け研修会 教員 研修 性の多様性

Read More Read More

2019年『亥』スタート!!

2019年『亥』スタート!!

 2019年がスタートしました!!

                                   入間市内の桜山展望台で初日の出の集いに参加してきました。
                                       昨年もこの場で初日の出を眺め、スタートを切りました。

入間市 桜山展望台からの初日の出 
桜山展望台

                    本年も身を引き締めて、議員活動や講師を努めて参ります。

                                                                                        さて・・・
                                                                           本年の干支は『亥』

イノシシの子ども ウリボウ

十二支の最後です

植物の成長としては、葉も花も散ってしまい、
種に生命を引き継いだ状態が、『亥』です。

十二支には、それぞれに季節が割り当てられていますが、亥の季節は冬であり、
春の芽吹きまで、じっと固い種の中でエネルギーを内にこめている
まさにそうしたイメージが亥年の持つ意味です。

    • 亥の年は、翌年から始まる次の種の成長に備えて。

                                      知識を増やす、精神を育てる

外に向けての活動はもちろんですが、
内部の充実を心がけると良い年といわれています。

               去年までに種を蒔いたものは、しっかりと芽が出せるように頑張り、
                   それと同時に昨年以上に、いろいろなことを吸収していきたいと思います。


            2019年も どうぞ宜しくお願い申し上げます。